次世代を担う38歳 働き盛り

一切のしがらみなし!

困ったときには 『武田かずひろ』


武田一宏はこんな人

1、イベント運営ディレクター

東京モーターショーやFIFAワールドカップ、万博、墨田川花火大会など約20年間、様々なイベントの裏方運営を行ってきました。適切な現場判断や俯瞰的に物事を見る事や適応力には絶対の自信があります。

 

2、実演販売師

イベント管理業の傍ら20歳の頃から実演販売師として主に化粧品、日用品、食品、インターネット回線、携帯電話等の販売促進を行ってきました。売れないものを売れるようにすることが大得意です。

 

3、経営者

大学卒業とともに会社を創業しましたが、20代の頃は東日本大震災の影響などにより挫折を繰り返しました。挫折の都度勉強を重ね、何とか現在に至っております。その経験が糧となり、自身の会社だけでなく先々代から受け継いだ店舗、武田ミシン商会の経営維持にも成功しました。会社経営の経験からは、あきらめない限り失敗はないという事を学びました。

 

4、仕事も趣味も好奇心旺盛!

何でも先ずは率先してやってみる、誰よりも早く取り組み行動に移す性格です。コロナ禍においても多くの方の意見を聞き、WEBを用いた新しいまちづくり活動の在り方を見出だすなど、イベント制作の経験で培った適応力をまちづくりや仕事にも生かせられるようになりました。

 

5、二歩三歩先を読む

トレンドの先読みなど先行投資や未来予想をする事が大好きです。

提案をする事は多々ありますが、はじめはポカーンとされることが多いのが玉にキズ


氏名 武田一宏(たけだかずひろ)
生年月日:昭和57年8月8日 38歳 
家族:妻 一男一女 4人家族
学歴:
飯能幼稚園
飯能市立富士見小学校
私立日本大学豊山中学校 (柔道部)
私立日本大学豊山高等学校 (柔道部)
日本大学経済学部産業経営学科
職歴:
・2001年〜2004年
栄光ゼミナール飯能校 塾講師
大学時代はアルバイトに夢中でした。
・2001年〜2012年
実演販売師 カネボウ化粧品ワゴンDJ 他
知り合いの勧めで始めた実演販売のアルバイトが楽しく、ホームセンターやデパート、薬局(マツモトOヨシ)などの入口で様々な商品を販売しました。
・2003年〜現在
イベント展示会スタッフ→AD→ディレクターとして稼働
急遽の欠員から都内展示会場のイベントADをすることに、これが業界への入口でした。
・2005年 
イベント制作会社 (有)武田企画創業
就職セミナーや経営者セミナーの裏方の現場スタッフとして稼働したことがきっかけとなり、自身も経営に興味を持つようになります。当時学生ベンチャーが流行っていたこともあり同級生数名と企業、就職活動をせず経営者となりました。とにかく仕事が楽しくてしょうがなく全国のイベント現場を飛び回っていました。
・2009年〜現在
飯能市で創業70年の株式会社武田ミシン商会を引き継ぎ(有)武田企画と合併、株式会社タケショウへ名称を変更し代表取締役となる。
先々代の祖父が亡くなった事を機に実家の武田ミシン商会を継ぐことを決意します。経営の勉強をしつつイベント制作業と並行しながら業務を徐々に拡大しました。2009年には第一子が誕生し幸せ絶頂だった時、2011年の東日本大震災が発災。これにより一切の仕事が無くなり、会社の経営が大きく傾いてしまいました。
・2013年~現在
(公社)飯能青年会議所、飯能まちなかを元気にする会、飯能消防団第一分団、PTAなど地域の活動に参加
震災からの立ち直りが困難で途方に暮れていた最中、同業の先輩から仕事に繋がるとの理由で青年会議所を紹介されます。藁をもすがる思いで(公社)飯能青年会議所に入会、まちづくり運動を続けていくうちに様々な方と出会い、徐々に飯能市での仕事が増えてきました。このころから自身と家族を助けてくれた地域に恩返しがしたいと考え、勧められたまちづくり活動やボランティアは二つ返事で全て引き受けるようになりました。2020年にはコロナ禍の中(公社)飯能青年会議所の理事長職を拝命しました。
・2015年〜2020年
飯能市選出 内沼博史埼玉県議会議員の秘書を務める。
前任の宮内亮氏の急逝に伴い、内沼博史県議会議員の秘書として裏方作業をさせていただきました。それまでは政治に関しては全くの素人で、県政や市政に関してもどこか他人事だったのですが、秘書業務の経験から県政~市政への当事者意識が高まり、様々な課題解決に向けた運動をもっと行っていきたいと考えるようになりました。
・趣味 特技
料理 株 DJ(HIPHOP HOUSE EDM  Drum&Bass)
動画作成 実演販売
激辛メニューに挑戦する
・長所
アドリブに強い
・短所
字が汚い 球技が下手
好きな言葉
はい、喜んで!

【武田一宏のこれまでの主な活動】

 

株式会社タケショウ 代表取締役

武田ミシン商会(三代目)

 

・公益社団法人飯能青年会議所 

2020年度 理事長

・飯能市立富士見小学校 

2019年度 PTA会長  

・前田自治会理事

・飯能まちなかを元気にする会 

グループリーダー

・飯能市消防団 第一分団

・飯能中央通り商店街を盛り上げる会 代表

 ほか

飯能市内ではムーミンバレーパークのオープニング運営管理業務や各種お祭り等のステージ運営施工、飯能市内旅行商材の開発や広告代理業務を行わせていただきました。2020年度は私自身が通った飯能市立富士見小学校のPTA会長を務めるほか、(公社)飯能青年会議所の理事長として『社会的包摂の実現』をスローガンに、誰一人として取り残さず全ての市民が地域の一員として自分らしく生活ができる住みよい豊かな社会を目指し、SDGs達成に向けた運動発信をはじめとする、様々な地域課題解決への取り組みを進めてまいりました。

 その経験を踏まえ、当会では若い世代からご年配世代の皆様の意見を取り入れ形にしていく、誰一人として取り残さないしがらみのないまちづくり活動を引き続き行って参りたいと考えております。

是非 後援会活動にご理解とご協力をいただけると幸いです。